梅宮アンナさんの「娘との別居」は最良の決断


pic先日、タレントの梅宮アンナさんが、自分の娘と別居していると、テレビで告白しました。

これに関して、Yahoo!ニュースでも取り上げられて、コメント欄には、散々な批判コメントが書き込まれていました。たとえば、

・自分が遊びたいため。
・ただ、自分が自由になりたいだけに感じます。
・親として失格ですな。

このことに関して、タレントである上○恵美子さんも、次のように、批判しています。

「勝手な女性ですよね。本当に自分勝手」

しかし、実は、この批判は大きな間違いで、占いの観点から、梅宮アンナさんの「娘との別居」は最良の決断だったと私は思います。

梅宮アンナさんの干支(十干十二支)から、性格・運命を鑑定

梅宮アンナさんの干支(十干十二支)から、梅宮アンナさんの性格や人生を見てみますと、その中に「子供との縁が薄い」という暗示があります。

この干支を持っている人が子育てに力を入れてしまうと、、、、、

子供が親の力で抑えつけられる。
子供の本来の力が発揮されない。
子供が望んだ人生を歩めない。
過保護に育て過ぎて、大人になり切れない人もいる。
親の間違った常識で子供が締め付けられる。

など、、、、子供が立派な大人に成長するときに、大きな問題になって表れます。
そして、親子関係もとても悪くなります。

(もちろん、この干支をもって生まれたからと言って、梅宮アンナさんが悪いわけではありません。そもそも、どんな干支をもって生まれてくるのかは、梅宮アンナさんが決めたわけではありませんので。)

そのため、占い(干支)から判断すると、梅宮アンナさんの場合、、、、、

アンナさんにとっても、娘さんにとっても、別別に暮らすことはとても良いことなのです。

むしろ、この干支を持った人が、いやいや子供を育てたり、何が何でも自分で子供を育てようとすることの方が間違いなのです。なぜなら、親が子供を育てることで、子供の才能をつぶす可能性があるからです。先ほど上げたような悪い部分が出てしまう可能性があるからです。

実際に、私が鑑定してきた人の中にも、同じ干支をもった親に育てられて、非常に苦労したという人を何人も知っています。ですので、今回のように、親が子供を育てないことの方が、子供にとってはとても良い経験になることもあるのです。

日本の経営の神様と呼ばれる松下幸之助さんも「家を出る=親元を離れる」。

実は、日本の経営の神様と呼ばれる松下幸之助さんも「家にいる=親に育てられる」よりも、「家を出る=親元を離れる」のが運命を開いていくのは、とても重要でした。実際に、松下幸之助さんは9歳の時に働きに出されました。日本の経営の神様と呼ばれる松下幸之助さんの礎を築かれたのは、この時期だと思っています。

ただ、アンナさんの娘さんにとって、ピンチのときに助けてくるのは母親のアンナさんです。ですので、娘さんは実家(梅宮辰夫さんとクラウディアさんのところ)に住んで、何か困ったときは、アンナさんに相談するというのは非常に良いでしょう。

そして、娘さんには、ことのこと(別々の暮らすことは最良の決断であること)と困ったときは、いつも母親(アンナさん)が、助けてくれる存在であること、そして、そのことへの感謝も忘れない、このことを誰かが娘さんに教えてあげれば、良い大人に成長する可能性があります。

もちろん、これだけで、娘さんが、立派に育つかは分かりません。これからの彼女がどんな人で出会って、どんな人生を歩むのかも重要です。特に20代は注意が必要です。でも、母親と一緒に過ごすよりはずっと良い人生を歩めるのです。もし、本当に子どものことを大切に思うなら、、、、

あなたがどうしたかではなく。世間がどう思うかでもなく。一般的な常識でもなく。子供が立派に育つために、親がしてあげられる最善のことは何か?

を考えること。そのためには、自分が子供とどのように関わるのかを良いのかをしっかりと見極めて、子育てをする必要があります。それが、子供のためにも、親のためになります。今回のアンナさんの例は、まさにその通りだったのです。今回のアンナさんの決断は非常に良かったのです。

もちろん、今回、周りからの批判されているように、確かに、この決断は、子供のことを思ってのことではなかったのかもしれません。ご自身の身勝手さなのかもしれません。しかし、その結果、娘さんにとっては、とても良いチャンスになったのです。

◇なぜ、「占い」を利用すると、ビジネスがうまく行くのか。
続きは、、、ここをクリックして下さい!

◇30秒で商品の魅力をこんなに、伝えることができますか?
限定300名まで。

あなたの技術、あなたの熱い思いを
マーケティングの力で、お客さんにサクサク広める!!

ダイレクト出版認定セールスコピーライター
セールスプロモーター
浅野 悟


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*